便秘と痔の関係

便秘と痔の関係

 

 

便秘を放っておくと、痔も起こしやすくなります。

 

痔というと、妊娠や出産を経験した女性がなるというイメージもありますが、最近は独身のの若い女性にも

 

習慣性便秘やストレス性の下痢からも痔になる人が増えているそうです。

 

便秘がある場合、痔がなかなか治らず、かえって悪化してしまう可能性もあります。

 

あまりにひどい時は肛門科に行くことをおススメしますが、病院に行かなくても良いように正しい対策を考えていくことが重要ではないでしょうか。

 

便秘は痔の大敵です。

 

痔を治すには便秘の回復が大切で、痔と便秘は密接な関係があります。

 

さまざまな要因から排便リズムが不調になると、便秘が生じてしまいますよね。

 

バランスが悪い食生活、ダイエット、ストレス、便秘の原因はいろいろあります。

 

便秘になったら便は大腸に留まる時間が長くなりますから、硬くなります。

 

硬くなった便を出すには強くいきむことが多くなりますし、出すまでに長時間かかります。

 

 

時間がかかればその間に肛門周辺の静脈がうっ血しやすくなります。

 

 

これが長引くといぼ痔になってしまうのです。。

 

また、硬い便を出すのは肛門に負担が加わりますから、切れ痔にもなりやすいのです。

 

 

痔があるのは恥ずかしいと考える方も多く、若い女性だとなおさらですよね。痔を治すことばかり考えてしまうことも。

 

 

しかし、痔をしっかり治すには、まず便秘を見直すことが大切です。

 

 

痔の状態が良くなったと思っても、便秘が続いていては結局肛門にまた負担がかかってしまうからです。

 

 

痔や便秘、どのように改善したら良いのか

 

病院に行かずになんとかしたい、そのためには症状の程度で対策方法も変わってきます。

 

痔の症状が軽いうちには、まず便秘の解決法を探しましょう。

 

そして便が硬くなってしまわないように水分摂取も心がけます。

 

偏った食生活ではなく、食物繊維をしっかり摂るようにします。

 

食事を抜いたりせず、忙しい中でもできるだけ食事の時間を取るようにしましょう。

 

水分や食事をちょっとであろうと摂ることで、腸を刺激することができるからです。

 

また、定期的に運動を取り入れましょう。

 

運動することで腸の動きは良くなりますし、腹筋が鍛えられれば便を押し出す力も強くなります。

 

お通じの調子が悪い時にどうしても薬に頼ってしまいがちですよね。その際は美爽煌茶(びそうこうちゃ)がおススメです

 

水分補給と食物繊維が同時にとれるからです。

 

しっかり便秘を直して腸を綺麗にすることが痔を直す第一歩につながります。

 

口コミで99.2%の方が満足しているという美爽煌茶(びそうこうちゃ)のおいしさでリラックスして便秘の改善に努めましょう。

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)実際に使ってみた感想はこちら