美爽煌茶びそうこうちゃ口コミと使ってみたぶっちゃけ感想

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の成分は

美爽煌茶はアップルティーを味のベースとして、9種類の植物素材をブレンドした植物素材100%の健

 

康茶です。スッキリの鍵はインドネシアの伝統野草カッシア・アラタ。体に対して穏やかにやさしく、それ

 

でいてしっかりと「スッキリ」を実感させてくれます。

 

 

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の成分について

 

ローズヒップは様々なバラ科バラ属 の果実を指します。

 

欧米で多用される品種はヨーロッパ北部、西部アジア、北アフリカに分布する落葉低木で高さ1〜3 m、花期は5〜6月、果実は楕円形で緋紅色。

 

新鮮なローズヒップにはビタミンCが豊富に含まれています。

 

「抗菌、抗ウイルス作用がある」「抵抗力アップによい」

 

「スッキリによい」「イライラによい」「美容によい」「からだの疲れによい」と言われています。

 

 

 

カミツレはカモミールとしてハーブティーなどでよく知られる代表的な

ハーブの一つでです。

 

一般でのご利益は多岐にわたっており、主に、健康を維持しつつリラックスさせてくれ

 

抗菌作用などがあると言われています。

 

使用法も入浴剤をはじめ、シャンプーやローションに配合されることも多い

 

ゆっくり、ぐっすり眠れるようにと気分のリラックスを求めて

 

乾燥花にお湯を注ぎハーブティーとして飲まれたり複数の似た性質のハーブをブレンドして飲むこともあります。

 

 

 

カワラケツメイは日本では本州、四国、九州に分布し、国外では中国東部および東北部、朝鮮半島に分布しています。

 

めぐりによいとしてお茶代わりにに飲用されており、便通の良い人が飲んでも下痢は起こさないそうです。

 

成分として葉と茎にアントラキノン類、フラボノール類、ミネラルを含み、また種子には

 

脂肪油を含んでおりベータ・シトステロールなどが含まれています。

 

アントラキノン類はスッキリ感やめぐりに嬉しい成分といわれ

 

フラボノール、ミネラル、脂肪油も同様と考えられています。

 

 

 

エビスグサの種はマメ科ジャケツイバラ亜科の小低木または草本。

普通は一年草として栽培されている。

 

ブルーベリーやビルベリー、アントシアニン・ルテインなどとあわせて、ボンヤリする悩みをシャッキリさせてくれるとして人気の高い健康素材です。

 

一方、便秘や排尿障害・高脂血症・高血圧などの

 

生活習慣の乱れからくる大きな不調への対策として

 

 

健康茶の一つとしてそのまま飲まれたり、どくだみ・はとむぎなどと混合して売られています。

 

 

 

麦芽(ばくが)とは、麦、特に大麦の種子を発芽させたもので

ビール、ウイスキー、水飴の原料です。

 

その名の通り発芽した麦(通常は大麦)のことです。

 

 

イネ科オオムギなどのムギ類を吸水・発芽させ乾燥したもので、三食きっちり、食事jをおいしく摂って次の食事も楽しみになる。そんな当たり前の健康生活をサポートしてくれます。

 

 

 

ギムネマとはインドをはじめ東南アジアに自生しています。

 

 

ギムネマ・シルベスタという蔓性植物の葉から抽出された成分です。

 

 

甘いものやお酒が好きな人から、相性のよいハーブとして使用され続けているそうです。

 

 

 

 

 

 

麻の実は、α-リノレン酸がたっぷり入っていることも特徴のひとつです。

 

 

”サラサラ”素材として定評があります。

 

α-リノレン酸を摂ることは、生活習慣の乱れから来る不調に抵抗することにもつながります。
あとタンパク質もたっぷりと含まれています。

 

タンパク質は、筋肉や体組織の形成に必要な栄養素で、毎日欠かさずに摂る必要があります。

 

 

 

 

「美爽煌茶(びそうこうちゃ)」はトウモロコシ由来の食物繊維を使用しているようです。ということで、ここでは「食物繊維」を表します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう“スッキリ系アイテム”にありがちなのが、外出中も構わず襲いかかる急激な波やつらさ。

 

しかし、

 

『美爽煌茶』のスッキリの要である野草“カッシア・アラタ”を中心に厳選された9種類の自然素材が自然に

 

穏やかにスッキリ感を促してくれているそうです。

 

美爽煌茶(びそうこうちゃ)の味は9種類のブレンド茶で美味しいアップルティーです。

 

 

TOPページに戻る