腸の大切さ

腸の大切さ

腸の健康こそが元気の源です

 

腸をもっともっと 大切にしましょうね!

 

人間の腸には、たくさんの腸内細菌が棲んでいて

 

重さにすると1kgもあると言われています。

 

そして便の半分はこれら腸内細菌の死骸なのです。

 

腸内細菌には、「善玉菌」と「悪玉菌」と「日和見菌」と3つのグループが存在しています。

 

健康な人は、このグループが善玉菌が優勢で、いつも一定数のバランスで保たれています。

 

一方で、このバランスが崩れると体調の変化やさまざまな症状が引き起こされます。

 

善玉菌が減少し悪玉菌が増殖することで体調がくずれ

 

便秘、肌荒れ、下痢、肩こり、高血圧、アレルギー疾患、免疫異常、老化などがあげられます。

 

健康な腸の状態というのは

 

善玉菌が多くて、悪玉菌が少しだけ存在し、腸内バランスが取れている状態なのです。

 

健康な腸内バランスを保つためにも日ごろから善玉菌を助ける必要があります。

 

食生活の乱れや生活習慣などを改善することによって腸内環境が保たれ

 

健康体につながっていくのです。

 

腸内改善とは、腸内細菌のバランスを良くするということです。

 

腸が健全な働きをするにはどうすればいいのでしょうか?

 

善玉菌が減少すると、悪玉菌が増えて腸内のバランスが崩れ、便秘などの原因になります。

 

大事なことは腸を元気にしてあげることです。

 

体調不良やストレスなどで腸に元気がない、もともと善玉菌が少ないという人

 

もいますが食物繊維や和食中心の食事をとることで腸内環境を整えられます。

 

善玉菌を増やしてバランスのとれた腸内環境に変えていきましょう。

 

健康のために、まずは腸から改善しましょう。

 

 

食物繊維は、腸内で次に挙げる働きをしてくれます。

 

水を含んで便を柔らかくして、便の量を増すことで排便を促す

 

腸内の老廃物や有害物質が蓄積されにくい環境を作る

 

体の中入った食べ物の中の有害物質を吸収して便と一緒に出す

 

大腸内を弱酸性に保ち善玉菌を増やす

 

 

こんな感じで腸内の「掃除」をして、元気にしてくれます。

 

また、食物繊維には水溶性と不溶性があり、両方とも摂る必要があります。カボチャには、この両方の性質の食物繊維が入っています。

 

腸を元気にする3つの食べ物

 

1 かぼちゃ

 

2 バナナ

 

3 ぬか漬け

 

 

ぬか漬けは、漬ける野菜によって成分が違ってくるのですが、必ず含まれる成分がいくつかあります。

 

それは食物繊維と乳酸菌です。

 

ぬか漬けは、乳酸菌が多く含まれます

 

この乳酸菌が腸内環境を良くしてくれる働きがあるのです。

 

他に乳酸菌が含まれている食べ物は
ヨーグルト チーズ、キムチ 味噌 塩麹等です。

 

塩麹(しおこうじ)って?

 

調味料の1つです。

 

すっかりスタンダードになってきた「塩こうじ」。塩こうじはその名の通り

 

「塩」と「こうじ」でつくられた調味料です。

 

みそやしょうゆ、酒、みりんなど、日本の調味料の大体がこうじによってつくられています。

 

こうじは蒸した穀類や豆類に、こうじ菌(コウジカビともいう)と呼ばれる微生物を繁殖させたもので米

 

でつくれば米こうじ、麦なら麦こうじ、大豆は豆こうじとなります。

 

食生活を少し見直すことで腸が元気になれます。

 

腸を大切にして便秘改善しましょうね〜

 

 

便秘解消の美爽煌茶(びそうこうちゃ)はこちらから

 

 

 

トップベージはこちら